読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

照れ屋なお花たちです

シー 冬 さ行 黄色

ドナルド通りの坂の上

ザンビ裏の木戸付近で

水仙がたくさん咲いています。

f:id:flowerTDR:20170312224246j:plain

 

テータテートという種類で

背丈は20センチほどの

ミニ水仙です。

f:id:flowerTDR:20170312224257j:plain

 

照れ屋なのか

みんなうつむき気味で

なかなか顔を見られません。

テータテートという名前は

フランス語で「内緒話」

という意味。

群生して花を寄せ合ってる

姿に由来しているそうなのですが

下を向いた姿と合わせて

奥ゆかしさすら感じます。

 

ちょっと下から顔を

のぞかせてもらいました。

f:id:flowerTDR:20170312224345j:plain

予想外の力強さで

思わずドキッとしてしまいました。

 

 

 

 

夕方になるにつれ香りが増します

シー 冬 ら行

ザンビーニブラザーズリストランテ

ハーブ畑ではロケット(ルッコラ)の

花が咲いています。

f:id:flowerTDR:20170310223310j:plain

 

ルッコラはゴマのような香りと

少しの苦味をもつ葉で

サラダなどにも使われます。

f:id:flowerTDR:20170310223305j:plain

ですが成長するほど

苦味が強くなってしまうため

食用にするなら

花ごと摘み取って

それ以上背が高くならないように

育てるのだそうです。

 

ここまでたくさんの花が咲き

背も高くなっているのを見ると

これは食用というより

花を観賞するために

育てていたのかもしれません。

 

この花たちは

朝よりも夕方になるにつれ

香りが増してくるんですよ。

 

 

 

 

3月11日

リゾート 冬 あ行

ディズニーシーの

ピクニックエリアの工事が

なかなか終わりませんね。
f:id:flowerTDR:20170311121803j:image

 

6年前の今日

というわけではありませんが

当時のピクニックエリアの様子です。

f:id:flowerTDR:20170310232800j:plain

これは電力不足から運休していた

リゾートラインが運転再開した頃

(写真は4月7日撮影)です。

バスロータリー側には柵が設けられ

シーステーションも改札が

閉まったまま。

f:id:flowerTDR:20170310232855j:plain

近づくことのできない

ピクニックエリアの様子を

伺うにはリゾートラインの

車窓から見るしか方法が

ありませんでした。

 

人の世が大変なことになっていても

変わらない姿で咲く大島桜に

元気をもらったことを

覚えています。

 

ただ、こんなにきれい

咲いているのに

誰にも見てもらえないのは

寂しいことだとも思ったものです。

 

現在の蕾の様子です。
f:id:flowerTDR:20170311121823j:image

あとひと月もしないで

ここの花たちは咲き始めるでしょう。

 

ピクニックエリアの工事が

今月中にも終わって

たくさんの人に

 見てもらえることを

切に祈ります。

 

 

広告を非表示にする

地中海を泳ぐ熱帯魚

ザンビーニブラザーズリストランテ前の

階段畑で、菜の花と一緒に咲いているのは

リナリアです。

f:id:flowerTDR:20170309190122j:plain

別名ヒメキンギョソウという名前で

キンギョソウに似ていますが

仲間ではないそうです。

 

そしてリナリアのなかでも

こちらで咲いているのは

グッピーシリーズの

イエローアイという品種。

f:id:flowerTDR:20170309190128j:plain

なるほど、キンギョというより

確かにグッピーのようにも

見えますね。

 

それにしても見れば見るほど

不思議な形の花です。

じっくり見ようとしゃがんでみると

とっても良い香りがしてきました。

 

 

黄色のクリスタルはFUN!

シー 冬 な行 黄色

ザンビーニブラザーズリストランテ前の

階段畑では

菜の花が満開です。

f:id:flowerTDR:20170309002240j:plain

あたたかな日差しと

プロメテウス火山をバックに

鮮やかな黄色が映えます。

 

f:id:flowerTDR:20170309002301j:plain

花言葉は「活発」「ちいさな幸せ」など

花のイメージそのもの。

 

見ているだけで

幸せになれそうな

そんな花たちです。

 

 

アラビにも春の風

シー 冬 か行 黄色

ジャスミンのフライングカーペットと

レイジングスピリッツの

間の木戸付近で

ミモザの花が咲いています。

f:id:flowerTDR:20170308120554j:plain

 

 

正確にはギンヨウ(銀葉)アカシアと言い

銀色に見える葉が特徴です。

f:id:flowerTDR:20170308121350j:plain

 ころころとした花が

とてもかわいく魅入ってしまいます。

 

下の写真は去年のもの。

f:id:flowerTDR:20170308120623j:plain

 

今年はかなり剪定され

花の量が少なくなって

しまいましたが

花の鮮やかさは健在。

 

一日、また一日と

確実に春になっていっているのを

実感します。

 

 

 

広告を非表示にする

この木なんの木?

ランド 冬 さ行

昨年の11月ごろに

撤去されていた

キャッスル裏の木が

f:id:flowerTDR:20170305232532j:plain

 

戻ってきました!

f:id:flowerTDR:20170305232207j:plain

ここにはもう木を

植えないものと思っていたので

ふたたび植えられたことに

すこし驚きました。

 

土も根元もまだ

新しい感じがしますね。

f:id:flowerTDR:20170305232522j:plain 

 

今はまだ葉もなく

さみしげな雰囲気ですが

これはおそらくサルスベリの木。

 

f:id:flowerTDR:20170322183846j:plain

夏になるときれいな花を

咲かせるはずです。

 

flowertdr.hatenablog.com

 

サルスベリはいろいろな

色の花が咲きます。

ここの木はいったい

何色の花になるのか

今から楽しみですね!

 

 

広告を非表示にする