読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

花が脇役の珍しい植物です。

グリーティングトレイル
出口のそばでは
ネペンテス(ウツボカズラ)が
見頃です。

f:id:flowerTDR:20160822232207j:plain

 

食虫植物なので特徴的な
捕虫器に目が行きがちですが

f:id:flowerTDR:20160822232355j:plain

 

なんと今なら花も楽しめます。

ネペンテスは雄雌別株の植物で

写真は雄株です。

f:id:flowerTDR:20160822232424j:plain

 

下に行くほど赤い部分が

多くなっていますが

この赤くなっているのは

花粉や蜜の分泌がピークを過ぎた

いわば終わった花。

 

上部の緑の4枚花びらが

開いているものは

これからさらに反り返り

花粉や蜜の分泌を

激しくしていく

これからの花です。

 

ところで、この捕虫器の中身が
気になりませんか?
ここではたくさんの
ネペンテスが新しく袋を作っては
枯れていき、と
日々めまぐるしく
変化していますが
なかなか中を覗ける位置には
できてくれません。

先日たまたま高さが
届く位置に袋を作っていたので
少しだけ覗かせてもらいました。

f:id:flowerTDR:20160822191705j:plain

残念ながらこの時は底の方に
水が溜まってるだけで
虫は捕まっていませんでした。

この水は虫を捕まえた時用の
消化液です。

 

そもそも食虫植物といえど

基本は光合成で十分生きていけるもので

虫も取りすぎると消化不良で

腐ってしまうのだそうです。

 

この袋の中に虫が入ってるところを

見たい気持ちはやまやまですが

無理に虫を入れないでくださいね。