読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

イソギク?いいえ、これは・・・

シー 冬 は行 あ行 黄色 ピンク

 

ケープコッド灯台の下で

イソギクが咲いていま・・・

あれ?

f:id:flowerTDR:20161206003912j:plain

 

本来イソギクは花弁がなく

黄色い部分だけの花です。

が、このあたりの花を

よく見てみると

f:id:flowerTDR:20161206003926j:plain

しっかり花弁があります。

中にはこんなに

かわいらしい色の花弁も。

f:id:flowerTDR:20161206003934j:plain

 

調べると、これらは

ハナイソギクとよばれるもので

イソギクと他の菊科の何かが

かってに交配してしまった

雑種なのだそうです。

 

気づけばこんなにたくさんの

ハナイソギク

f:id:flowerTDR:20161206003920j:plain

 

一方でチップ&デールの

クリスタルポイント前では

イソギクのままの花壇が

残っています。

 

flowertdr.hatenablog.com

 

f:id:flowerTDR:20161206005204j:plain

これが本来のイソギクの花。

f:id:flowerTDR:20161206004643j:plain

 

パークの植物たちも

15年の歴史のなかで

日々変化をしているのですね。

 

 

それにしても花びらのないものが

正しい姿で

花びらがあるものが雑種というのも

なかなか不思議な感じがします。