舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

幸せな風景

 

 

リドアイル裏手の水路沿いで

白いバラが咲いています。 

f:id:flowerTDR:20180522082806j:plain

 

一つ一つは小ぶりですが

たくさんの花を咲かせていて

美しいですね。

f:id:flowerTDR:20180522082816j:plain

 

ここはヴェネチアンゴンドラの

通る所でもあるので

ウエディングでゴンドラに

乗る方への祝福のようにも感じます。

f:id:flowerTDR:20180522082830j:plain

 

もし今後FTWをする方は

ここにバラがあることと

開花時期をちょこっと

頭に入れておくと

良いかもしれません。

 

広告を非表示にする

ジャングルに咲く宝石

 

 

今年もロストリバーデルタ

ヒスイカズラが咲いた、という

情報を得て見に行ってみました。

f:id:flowerTDR:20180521082440j:plain

ななななんと

今年は大豊作!!

去年は一つだったのに

今年は6つほど房があって

おどろきの声を上げてしまいました。

 

 

 

f:id:flowerTDR:20180521082455j:plain

 

相変わらず紐のような

つるにぶら下がり

鷹の爪のような花を

たくさんつけて

ゆらゆらとゆれています。

 

 

その様は美しい宝石で作った

イヤリングのようです。

f:id:flowerTDR:20180521082505j:plain

 

ちなみに2週間前の

この場所はまったく

気配がなかったので

「今年は咲かないのかな?」なんて

思ってました。

f:id:flowerTDR:20180521083035j:plain

 

 

一つでも充分不思議な見た目ですが

たくさんあるとさらに摩訶不思議な

光景ですね。

 

すでにぽろぽろと

花が落ちてしまっていましたが

あと1週間くらいは

ギリギリ見られるのでは

ないかと思われます。

 

この美しい色の理由と

この花が咲く詳しい場所は

去年の記事をご覧ください。

↓ ↓ 

flowertdr.hatenablog.com

 

 

 

おいしい食事と一緒に

 

キャンプウッドチャックエリアに

大きなヤマボウシの木があり

今、花が見ごろを迎えています。

f:id:flowerTDR:20180519090303j:plain

 

 

といっても花びらに見える

白い部分は

総包片と言って

葉が進化したものです。

f:id:flowerTDR:20180519090028j:plain

本当の花は真ん中の

丸いツブツブのようなところです。

 

花言葉は「友情」。

ウッドチャックキッチンの

2階テラス席からは

ヤマボウシと一緒に

カヌーをこぐゲストの姿も。

f:id:flowerTDR:20180519090019j:plain

気の合う仲間とカヌーをこいで

友情をはぐくむのも

素敵ですよね。

 

 

ウッドチャックキッチンでは

35周年のスペシャルセットが

食べられます。

f:id:flowerTDR:20180519090528j:plain

テラスでおいしい食事をしながら

ヤマボウシを眺めるのも

素敵な時間です。

 

 

 

西部に咲く真っ赤なブラシ!?

 

ペコスビルカフェのそばで

ブラシの木に

花が咲き始めました。

f:id:flowerTDR:20180518092655j:plain

 

ブラシのような花なので

ブラシノキ

通称と思われがちですが

フトモモ科

ブラシノキ

ブラシノキ

と言う、正式名称なんです。

f:id:flowerTDR:20180518092705j:plain

 

赤のは花びらではなく

花糸(かし)といって

雄しべの糸状の部分です。

f:id:flowerTDR:20180518092715j:plain

 

暑さを思わせる真っ赤な花は

西部の町並みに

とっても合っていますね。

 

 

魅惑の大輪

 

 

ピーターパン空の旅

向かいの花壇では

大輪のバラが咲いています。 

f:id:flowerTDR:20180516081058j:plain

 

20センチくらいはあるでしょうか。 

f:id:flowerTDR:20180516081109j:plain

とにかく見た瞬間

誰もが「大きい!」と

言ってしまうのではないかと

いうほどの

大ぶりのバラです。

 

これだけの大きさ、

きっと重さも相当あると

思われますが

首をもたげずに咲く姿は

迫力満点。

 

よく見ると大きさだけでなく

花びらの形や重なり方も

大変美しく、バラの王道と言った

造形をしています。

 

f:id:flowerTDR:20180516081120j:plain

一度視界に入ると

しばらく動けなくなるほどの

魅力的なバラ。

 

これは写真で見るよりも

実物をぜひその目で

見ていただきたいバラです。

 

 

 

 

広告を非表示にする

庭師の物語が浮かびます

 

シンデレラ城向かって左側。

4号橋付近では

真っ赤なバラが咲いています。 

f:id:flowerTDR:20180514225910j:plain

 

ベルベットのような質感と

深みのある赤いバラは

カタカナよりも

漢字の「薔薇」というイメージが

合う気がします。

f:id:flowerTDR:20180514225926j:plain

ディズニーランドローズなどの

かわいい雰囲気とはまた違った

ロイヤルなイメージですね。

 

手入れの行き届いた芝生と

赤い薔薇。

f:id:flowerTDR:20180514230040j:plain

お城の専属ベテラン庭師が

手入れしている…

なんて姿を想像してしまいます。

 

 

 

 

 

 

真っ白い花が満開

 

キャッスル裏側と

ブレイブリトルテイラーの間で

白い花が大量に咲いています。

f:id:flowerTDR:20180514002908j:plain

 

花はちょっと梅に似た

白い5枚花。

そのことからシャリンバイ(車輪梅)と

名づけられましたが

同じバラ科ではあるものの

梅はサクラ属

シャリンバイはシャリンバイ属と

ちょっと遠い関係です。

f:id:flowerTDR:20180514003001j:plain

 

花言葉は「純真」。

真っ白な花のイメージから

きています。

 

f:id:flowerTDR:20180514003021j:plain

秋にはブルーベリーのような

実をたくさんつけます。

 

 

 

広告を非表示にする