舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

ミッキーとのコラボです

ボンボヤージュの前にある

歩道沿いでも

サルスベリが咲いています。

f:id:flowerTDR:20170726164432j:plain

ピンクのかわいい花と

ブルーのミッキー。

とてもファンタジックな

絵だと思いませんか?

 

 

ここは舞浜駅から来る

徒歩ゲストからは

ほとんど見えず

車で通りかかっても

一瞬の場所です。

f:id:flowerTDR:20170726164413j:plain

こんな目立たない場所でも

しっかりお仕事をしている

木々や植栽キャストさん。

 

どの角度から見ても

夢の国であるというのは

彼らのおかげなんですね。

 

 

こんなところに夏の花

舞浜駅からディズニーランドに

向かうペデストリアンデッキ

そこからボンボヤージュを見ると

花が咲いているのが見えます。

f:id:flowerTDR:20170726092251j:plain

 

ボンボの1階から出てみると

f:id:flowerTDR:20170726092305j:plain

 

舞浜駅をバックに

咲いているのが見えます。

 

f:id:flowerTDR:20170726092318j:plain

 

ハイビスカスに似ていますが

これは「ムクゲ」の花。

f:id:flowerTDR:20170726092325j:plain

 

ハイビスカスとムクゲの違いは

こちらの去年の記事をどうぞ 

flowertdr.hatenablog.com

 

そのまま道路のほうに

向かって歩くと

もっと咲いている場所も。

f:id:flowerTDR:20170726092333j:plain

リゾートラインとも

一緒に見られる

楽しい場所です。

 

一日花のように見えますが

数日咲いてくれる花です。

ただし夕方にはいったん

しぼんでしまうこともあるので

お昼くらいまでに

見に行ったほうがよさそうですね。

 

 

見に行く際は搬入トラックや

キャストさんたちの

邪魔にならないように気をつけて

見てください。

 

 

 

百日紅とかいてサルスベリ

ウォーターフロントパークでも

サルスベリが咲き始めています。

f:id:flowerTDR:20170724232221j:plain

 

強い日差しの中

空に向かって咲く

ピンク色のサルスベリ

f:id:flowerTDR:20170724232233j:plain

 

まさに夏のパークを代表する

美しい花です。

 

サルスベリ花言葉は「愛嬌」。

かわいらしく何かを

語りかけてくるような

この花には

ピッタリのイメージですね。

 

 

コーラルピンクのお花です

マーメイドラグーンの

花壇では神刀(ジントウ)の

花が咲いています。

f:id:flowerTDR:20170724230033j:plain

神刀はクラッスラという

多肉種の一種で

夏は暑さに強いので成長し

冬は休眠する「夏型」の品種です。

 

 

 

マーメイドラグーンは

珊瑚に見立てた

多肉種が多く植えられています。

f:id:flowerTDR:20170724230044j:plain

 

この神刀の花は

色と言い、形と言い

本当に珊瑚にしか見えませんね。

 

 

ニューヨークはよい香り♪

 エレクトリックレールウェイ

アメリカンウォーターフロント駅の

前ではクサギの木に

花が咲いています。

f:id:flowerTDR:20170723204906j:plain

 

クサギは漢字で書くと

臭木。

葉をちぎると独特の

においがすることから

この名がついていますが

じつは花はとっても

良い香りなんです。

 

辺りには

甘くフルーティーな香りが

漂っています。

 

f:id:flowerTDR:20170723204916j:plain

日本では敢えて

植えることは少ないですが

アメリカでは観賞用として

栽培されているのだそう。

 

ここはニューヨーク。

 

おしゃれなニューヨーカーたちが

花を鑑賞していたのかも

しれませんね

 

 

 

 

「浜」がつく植物は・・・

アリエルの

グリーティンググロットそばでは

浜木綿(ハマユウ)が

咲いています。

f:id:flowerTDR:20170723204822j:plain

 

 

ヒガンバナ科

沿岸部に自生する植物です。

f:id:flowerTDR:20170723204830j:plain

 

さけるチーズのような(笑)

ヒラヒラとした花びらは 

海を泳ぐ魚のようにも見えますね。

f:id:flowerTDR:20170723204838j:plain

夕方から芳香が強くなると

いうことなのですが

すぐとなりの

ポップコーンワゴンからの

甘い香りに負けてしまい

花の香りはわかりません…。

 

 

 

ハマボウが間違って

植えられたと言う

エピソードを聞いた時

 

flowertdr.hatenablog.com

 

このハマユウと間違ったのかと

思いましたが

間違えられたのはハマゴウ。

 

ハマゴウ

ハマボウ

ハマユウ

どれも似たに名前ですね。

「浜」が付く植物は

塩害に強いので

シーにあるのも納得です。

 

 

 

 

 

こんな面白エピソードが・・・!

ケープコッド灯台

向かい側で咲く

黄色い花。

f:id:flowerTDR:20170722215701j:plain

 

 

ハマボウです。

 

 

ハイビスカスにどこか

似てる雰囲気ですが

それもそのはず。

ハイビスカスと同じ

アオイ科という植物です。

f:id:flowerTDR:20170722215721j:plain

さて、このハマボウ

ここに植えられているのは

ちょっとした手違いなんです。

 

実は「ハマゴウ」という

紫色の花が咲く植物があるのですが

本来はそちらが植えられるはずでした。

 

ですが音がそっくりな

ハマボウ」が間違って

発注されそのまま植えられたのだそう。

 

ここにこれだけもっさりと

茂っているハマボウを見てると

結果オーライと言った所でしょうか。