舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

全身かわいい

 

5番ドックでは

ピンクのアベリアが咲いています。

f:id:flowerTDR:20200810221412j:plain



 

flowertdr.hatenablog.com

 

 

ふっくらとした

花形やピンクの花びらは

エドワードゴーチャという

品種でしょうか。

f:id:flowerTDR:20200810215517j:plain

 

茎や花柄が赤くなることから

花が散っても

かわいらしい生け垣を

見せてくれます。

f:id:flowerTDR:20200810215526j:plain

 

 

アベリアで一般的なのは

白い花かもしれません。

flowertdr.hatenablog.com

 

そちらのほうは初夏から秋にかけて

ザンビーニブラザーズリストランテ前で

見ることができますよ。

 

 

 

 

ハワイア~ン

 

 

 

魅惑のチキルーム前。

f:id:flowerTDR:20200809234054j:plain

プルメリアが咲いています。

 

ピンク色で少し

花弁が細めの花です。

f:id:flowerTDR:20200809234109j:plain

 

一方こちらは

アドベンチャーランドとの

境目の滝に咲く

プルメリア

f:id:flowerTDR:20200809234123j:plain

 

 

一般的にイメージする

プルメリアはこの

タイプですよね。

f:id:flowerTDR:20200809234134j:plain

白い花びらに

黄色い中心部。

ハワイアンイエローという

品種でしょうか。

 

 

 

暑い夏を彩るには

欠かせない

南国の花です。

 

 

 

落ち着きのある花

ハイタイドトリートの

そばでは今年も

ホスタが咲いています。

f:id:flowerTDR:20200809000926j:plain

 

和名では擬宝珠(ギボウシ)と言い

神社などの柱の装飾である

擬宝珠にこのはなのつぼみが

似ていることからついた名前です。

f:id:flowerTDR:20200809000950j:plain

 

 

普段は立派な葉を鑑賞するものですが

この時期だけ涼し気な花を

楽しむことができます。

f:id:flowerTDR:20200809001135j:plain

花言葉は「落着き」。

 

にぎやかなポートディスカバリー

アメリカンウォーターフロント

結ぶこの通路で

静かな雰囲気で咲くこの花に

ぴったりな花言葉です。

 


 

 

春夏秋冬

 

 

7月初旬ごろまで

トゥーンタウン

ヒューイデューイルーイの

グッドタイムカフェ横で

黄色い花が咲いていました。

 

f:id:flowerTDR:20200808193944j:plain

 

これはタイワンモクゲンジの

花です。

f:id:flowerTDR:20200808194001j:plain

花期は短いので

花が見られたらラッキー。

 

一方こちらは7月中旬の

ロストリバーデルタ

タイワンモクゲンジの木に

実がなっています。

f:id:flowerTDR:20200808193854j:plain

 

ほおずきのような

風船型の実は

風に乗って飛ばされやすいように

なっています。

f:id:flowerTDR:20200808193920j:plain



中の種がちらっと

見えているものがありました。

f:id:flowerTDR:20200808193932j:plain

まん丸の種がとても

かわいらしいです。

 

秋にはこの風船が

ピンクに色づき

遠くから見るとそれが

花のようにも見えるようになります。

 

 

春夏秋冬、1年を通して

楽しめる木なんですよ。

 

 

 

そのままでもおいしそう

 

 

ザンビーニブラザーズリストランテ前の

ブドウ畑。

f:id:flowerTDR:20200807233528j:plain

 

 

今年もたわわに

ブドウの実がなっています。 

f:id:flowerTDR:20200807233543j:plain

おいしそうな実ですが

これはワイン用に作られている

ブドウです。

 

食べてもおいしくないことは

ないのですが

皮が厚く食べにくいのだそう。

f:id:flowerTDR:20200807233616j:plain

例年通りですと

秋には赤く熟した姿が

見られますよ。

 

 

不気味な花

 

マーメイドラグーンで咲く

こちらの花。

f:id:flowerTDR:20200807005737j:plain

 

クモノバンダイソウです。

f:id:flowerTDR:20200807005757j:plain

センペルビウム属で

通常は花より

ロゼット状の葉を

楽しむ多肉植物です。

 

f:id:flowerTDR:20200807005833j:plain

↑これは別の時期に撮影した

クモノバンダイソウの葉です。

 


ウネウネと茎を伸ばした

茎にはびっしりと

蕾や花がらがついていて

ちょっとグロテスク。

f:id:flowerTDR:20200807005840j:plain

花だけ見れば

こんなにかわいいのに…。

 

ですが、これこそが

多肉植物の魅力でもあり

海底の珊瑚を連想させる

不思議な魅力でもありますよね。

 

暑い時期は

しゃがんで花を観察するだけで

汗だくになります。

皆さん、熱中症には

充分お気をつけくださいね。

 

 

絶滅危惧種

 

ハイタイド・トリートのそばで

不思議な花が咲いています。

f:id:flowerTDR:20200806093019j:plain

これは鹿の子百合(かのこゆり)

です。

 

普通のピンクやオレンジの

鹿の子百合は

花びらの内側に

まだらの鹿の子模様が

入るのですが

白い鹿の子百合は

それがありません。

 

 

f:id:flowerTDR:20200806093446j:plain

でもよく見ると

鹿の子百合の特徴である

花びらにツンツンとした

突起がたくさんあります。

 

花が不思議な姿なら

全体もちょっと変わっていて

f:id:flowerTDR:20200806093222j:plain

花の重さで

地面に這うように

茎が伸びています。

 

その姿はさながら

ツチノコのようにも見え

思わず足を止めてしまいます。

 

 

鹿の子百合は日本では

九州や四国を中心に

自生していますが

絶滅危惧種とされています。