読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜植物図鑑

図鑑といいつつ図鑑じゃない

東京ディズニーリゾートは巨大な植物園。
数え切れないほどの植物が毎日咲いたり実をつけたり。
そんな植栽たちの「今」をご紹介します。

悲しい花言葉とギリシャ神話

ランド 冬 か行 オレンジ

カフェオーリンズの前では

オレンジのカレンデュラが咲いています。

f:id:flowerTDR:20170201200106j:plain

 

こんなに元気な雰囲気の

カレンデュラ花言葉

意外なことに

「別れの悲しみ」「悲嘆」。

 

f:id:flowerTDR:20170201200113j:plain

それはギリシャ神話に

由来しているようです。

 

水の精クリティが太陽神アポロン

恋をしたのですが

アポロンにはレウトコエ王女という

恋人がいました。

クリティは二人の仲を裂くために

王女の父の王に告げ口をします。

厳格な王は怒り

娘を生き埋めにしてしまいます。

この悲しい出来事が

クリティの差し金と知った

アポロンは彼女に激怒。

当然振り向くことはありません。

アポロンが空を翔る姿を

大地から見つめることしかできない

クリティはやがてカレンデュラに。

そうして今もカレンデュラの花は

太陽を見上げているのだそうです。

 

 

 自業自得といえど

悲しい恋のお話。

カフェオーリンズにいる

音楽の天使たちが

クリティの心を癒してくれている

かもしれません。